サマーレクチャー

【サマーレクチャー 趣旨】

日本バスケットボール学会では「実践に資する研究」を大きなテーマの一つとしていますので、その一環としてサマーレクチャーでは現場で活躍なさっている方の経験や取組みや考え方などについてご講演いただき、それに沿ってディスカッションを行ないます。

IMG_6249.JPG

 

日本バスケットボール学会
<サマーレクチャー2021>

「インカレ2020決勝感想戦」

日時:2021年7月31日(土)19:00-21:00
場所:オンライン開催

【第1部】 ゲームコーチングの実際 〜その時何を考えどうしたか〜
  登壇者:陸川 章(東海大学)・吉田 健司(筑波大学)
  ファシリテーター:小谷 究(流通経済大学)

【第2部】科学的アプローチの実際 〜インカレ決勝とそれまでの過程〜
  登壇者:小山 孟志(東海大学)・仲澤 翔大(筑波大学)
  ファシリテーター:飯田 祥明(南山大学)

 

【サマーレクチャー 趣旨】
日本バスケットボール学会では「実践に資する研究」を大きなテーマの一つとしていますので、その一環としてサマーレクチャーでは現場で活躍なさっている方の経験や取組みや考え方などについてご講演いただき、それに沿ってディスカッションを行ないます。
 今年は「インカレ2020決勝感想戦」をテーマとして第1部では決勝の舞台でヘッドコーチがどのように考えどのような言動をとったのか、2人のヘッドコーチの頭の中を覗き込んでみようと思います。第2部ではインカレ決勝に至るまでの過程と決勝の舞台裏を科学的に分析していきます。

 

サマーレクチャー2021の映像

 

​【参考】<サマーレクチャー 2019>

 

​日時:8月8日(木)18:30−20:30 (18:00開場)

場所:日本体育大学 東京世田谷キャンパス 教育研究棟2階 3204教室

事前申し込み不要,入場料無料,(※100名で入場を制限します)

 

講演者:前田浩行氏(JBA技術委員会 テクニカルハウス部会 部会長)

題目:「欧州バスケットボールの競技環境、及び、戦術の特徴について」

 

質問者/司会進行:片岡秀一(株式会社アップセット)/佐良土茂樹(日本体育大学) 

サマーレクチャー2019_004.jpg
67729536_2408110895938041_76921111967652
67746555_2408111005938030_61135636643950
67880843_2408110969271367_36941736770640
67752310_2408258349256629_17262902712991

 

​<サマーレクチャー 2018>

40513328_1342768409194107_91575147950443
40513986_1342768435860771_47738064653223
40432278_1342768479194100_74406450835373

<サマーレクチャー 2017>

 

第三回 日本バスケットボール学会 サマーレクチャー
日時:2017年8月20日(日)14:30-16:30(開場14:00)

場所:流通経済大学 新松戸キャンパス1号館    

(千葉県松戸市新松戸3−2−1)大講堂

事前申し込み不要,入場料無料

登壇者:大野 篤史(千葉ジェッツ・ヘッドコーチ)     

     金田詳徳アシスタントコーチ、阿部友和選手


題目:競技現場における科学の活用と必要性

<サマーレクチャー 2016>

今年度の日本バスケットボール学会のサマーレクチャーは、下記の要領で開催しました。

第二回サマーレクチャーについて

日時:8月9日(火)17:00~20:00  開場:16:30

場所:武蔵大学 江古田キャンパス(東京都練馬区豊玉上1-26-1) 1201教室(1号館201)

   ( http://www.musashigakuen.jp/access.html

共催:日本バスケットボール学会・武蔵大学バスケットボール部

事前申し込み及び入場料不要

特別報告(17:00〜17:45)

告者:藤井慶輔(名古屋大学、日本学術振興会特別研究員PD)

題目:トラッキング・センサデータを用いたバスケットボールにおけるチームプレー・個人スキルに関する研究報告とその展望

司会:岩見雅人(東京農工大学 助教)

この特別報告では著名な学術誌Scientific Reportsで刊行された“Resilient help to switch and overlap hierarchical subsystems in a small human group”(2016年4月)及び “Mutual and asynchronous anticipation and action in sports as globally competitive and locally coordinative dynamics” (2015年11月)についての解説およびこれからの展望についてお話いただきます。

参考資料 https://www.researchgate.net/profile/Keisuke_Fujii 

 

休憩 (17:45〜18:00)

 

講演(18:00〜20:00)

講演者:坂井和明(武庫川女子大学准教授、女子バスケットボール部ヘッドコーチ)

題目:1.スクラップ・アンド・ビルド―チーム作り試行錯誤の軌跡

   2.バスケットボール研究についての提案

司会:小谷 究(日本体育大学)

 

 ・その後、希望者で懇親会を行いました。

 

 

 

岩見雅人氏・坂井和明氏・藤井慶輔氏・古澤副会長・小谷究氏

休憩の時間を利用して渡辺誠理事・武蔵大OBより「武蔵大バスケットボール部の歴史及び畑龍雄先生の歩み」についてお話をいただきました

 

<サマーレクチャー 2015>

 

2015年8月18日 (火)18:30〜20:30

上智大学四谷キャンパス 12号館102教室

共催:日本バスケットボール学会、上智大学保健体育研究室

 

【講師】

中山 佑介
(クリーブランド・キャバリアーズ、アシスタント・アスレティック・トレーナーおよびパフォーマンス・サイエンティスト)

「バスケットボールにおけるパフォーマンスについて」

 

略歴:早稲田大学 (学士)→アーカンソー大学 (修士)→ミシガン州立大学 (博士)

ATTACK Athletics(2008年)→ニューヨークニックス インターントレーニングスタッフ(2008-09シーズン)→ミシガン州立大学 フットボールチーム(2009~2010年)→デトロイト・ピストンズ インターントレーニングスタッフ(NBA2012-13シーズン)→ミシガン州立大学のスパルタン・ニュートリション・アスレチック・パフォーマンス・プログラム(SNAPP)→NBAクリーブランド・キャバリアーズ(2013年9月~)

 

 

【コメンテーター・コーディネーター】

コメンテーター①
関根 悠太
(日本体育大学 スポーツ・トレーニングセンター助教)

 

コメンテーター②

山内 亮

(日本体育大学)

 

コメンテーター③

稲葉 優希 

(国立スポーツ科学センター スポーツ科学研究部 契約研究員)

 

コーディネーター

飯田祥明

(上智大学 保健体育研究室 常勤嘱託講師)

 

 

【告知協力】

日本文化出版株式会社 様 『HOOP』『月刊バスケットボール』、日本バスケットボール振興会 様、NBA.com日本版 様、

ブックハウス・エイチディ 様 『トレーニングジャーナル』、ゴールドスタンダード・ラボ 様

大高会長・中山氏・古澤副会長